スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

ヤンヒー病院は責任を取ることは無い 

2011年1月中旬にFtMの手術の予約が完了していた患者さんに対し、
手術予定日まで3週間強の時点でヤンヒー病院の担当者から電話で
「2011年1月17日から21日まで管轄官庁の査察がある為、病院のシステムが円滑にならないので、
手術日を延期できないか」というやや一方的な感じ連絡がありました。
この患者さんは既に航空券の購入が済んでいるため、手術日を延期するには航空券の変更料が掛かります。
こちらの都合で延期になるのではないので、変更料を患者さんに負担させるのは納得できないと言ったところ、
上の者と相談して返事をもらうことになりました。
その時に変更料は出発日が近づくほど高くなるので早急に返事を下さいと言ったにも関わらず、
返事が来たのは3日後でした。返事の内容は、一言で言うと「ヤンヒー病院は金銭の負担は一切しない」
というものです。
結果的に患者さんが変更料の負担をして手術日の延期をしたのですが、説明して納得してもらうまで大変でした。
この件でヤンヒー病院は患者さんの事もアテンド業者の事も気に止めずに業務を行っていることがよく分かりました。

 
カテゴリ : 出来事
2011-01-19(Wed) | コメント : 0 | トラックバック : 0

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

Mr.Moo

Author:Mr.Moo
この仕事を初めて3年目に入ったアテンダーです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。